UIJUI

日本の

 
 

UIJUI Loungechair C40ができるまで

UIJUI Loungechair C40はシンプルを追求することで生まれました。設計当初、わたしたちは椅子の基礎的で中心的なエッセンス──1面または2面で人の体を支え、地球の重力に対抗して人の体が地面から離れることを可能にするという、シンプルな本質──から考え直しました。C40チェアは人が座ったとき、理想の位置で体重を支えられるよう設計されています。 UIJUI製品は最も基本的な椅子の概念を、できる限り簡単な形で表現しました。チェアの表面自体が構造の一部であり、耐久性に優れたカーブ接合部分が互いに支え合う構造になっています。チェアは一枚の板でできているので、金属などの他の材料は必要ありません。レオナルドダヴィンチがかつて明確に述べたように、シンプルは洗練の究極の形なのです。

C40チェアの最終設計は、徹底的なテストと試作のプロセスの結果から導きだされました。どんな体型にもフィットするようチェアの寸法と角度を研究することで、人間工学的にベストな構造にたどり着きました。オフィスから少し離れたところにある、フィンランドの美しいサイマー湖で行われたワークショップに向け、寸法を調整したテスト用チェアの試作品を複数製造しました。そこでわたしたちは、ひとりでも多くの方にフィットする形が見つかるまで、さまざまな体型の方の座り方についてデータを集めました。さらに製品を開発する過程で、サイマー湖の四季がわたしたちに純粋さ、シンプルさ、そして自然の強さ──それは製品の中心としてUIJUIのデザイン哲学に反映された価値です──を教えてくれました。

過酷な使用状況におけるUIJUIC40チェアの安全性と耐久期間を確認するため、実用版はさらに最も厳しい欧州連合規格に対して独立したフィンランドの研究所にて、およそ20の異なる極端な安全性・耐久性テストを受けました。C40チェアのシンプルな構造は、すべての規格を簡単にクリアしました。たとえば、シートと背もたれに100kgの荷重を合計30万回かけるテストでは、小さな表面的な摩耗しか生じませんでした。さらに、チェアに200kgのおもりを複数回落下させる座席衝撃試験も行いました。これらのテストにより、UIJUIC40チェアは空港、病院、レストランなど、最も要求の厳しい用途に適していることが証明されています。フィンランドのさまざまな場所にあるUIJUIのテスト用チェアは、一年を通して、雪と氷に覆われた何ヶ月も続く最も険しい北欧の気候にさらされています。毎年春に行われる検証では、テスト用チェアはほんの少しの風化──わたしたちは美しい経年変化ととらえています──によるダメージのみという、信じられないほど良いコンディションを確認しています。

C40チェアの素材である、型でプレスされたバーチ合板は、フィンランドでは長い間家具を組み立てるために使われてきた、伝統的な実績のある素材です。 およそ100年前にAlvar Aaltoがその設計の可能性を試し始めて以来、バーチ合板は業界に欠かせない存在です。UIJUIは伝統的な自然の価値観と現代の持続可能な開発目標を尊重しつつ、優れた製品をつくり続けています。シラカバ(バーチ)は典型的な北欧の木の中で、最も耐久性にすぐれています。その軽さ・柔軟性・美しさにより、バーチ合板は高品質な家具作りのための理想的な材料となっており、業界で最も強く、安定した合板の1つです。さらに、バーチ合板は水を通しません。これらの優れた性質のおかげで、バーチ合板は自動車・飛行機・ボート・そして今日ではスケートボードのような様々な乗り物に使われ続けています。

UIJUIのバーチ合板は、ていねいに選ばれた高品質のシラカバの薄い層を、木目の方向を変えて重ね合わせることによって手作業で作られます。木材の非対称強度特性を均一にして、あらゆる方向の強度と耐久性を最大限に引き出すため、あえて木目の方向を変えています。そのあと最高品質の天然由来の樹脂を使って接着し、大気圧の19倍の圧力で高温でプレスします。その結果、信じられないほど頑丈で軽い構造が生まれます。元のシラカバの木自体よりも強くなるほどです。プレスした後、チェアは手作業で慎重に仕上げられ、最高品質のラッカーで保護されます。ラッカーは目視ではわかりませんが、チェアを非常に衛生的に保ち、手入れを簡単にするだけでなく、特に水と紫外線からチェアを守る役割を果たしています。

フィンランドは国土のおよそ80%近くが森林に覆われていますが、プラスチック製品が主流になる前は、ほぼすべての製品の主な建築材料は木材でした。わたしたちUIJUIは、木材もまた未来の材料であると信じています。木は大気から二酸化炭素を吸収します。長く使える木製品も二酸化炭素を吸収し、ふたたび大気へ戻らないようはたらきます。さらに、自然材料は製造段階での二酸化炭素排出量が少なく、リサイクルも簡単です。森林のちからで二酸化炭素吸収能力を高めることで、気候の変動を抑えることができます。


わたしたちは長く使える

自然素材ベースの製品が、

地球に優しく、よりよい未来のために

役立つと信じています。